FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

40代、50代さらに美しく!<首のシワ 筋肉を鍛えましょう>

首のシワ スキンケア以外の改善法

『首のシワ 首の筋肉を鍛え改善しましょう!』

首のシワには、
首の筋肉を鍛えるのも効果的です。
顔 24 391757



出来てしまったシワを解消するのは、
やはり時間がかかるもの。


年齢とともにコラーゲンが減少していくのは
ある程度仕方ありませんが、
筋肉を鍛える事は、いくつからでも出来ます。


難しいことや、面倒な事は、
なかなか続きません…



今回は、とても簡単な方法をお伝えします。



パソコン作業をしていると「あっという間に」時間が経ってしまいます。
気が付くと1時間、2時間経過しています。

パソコン作業のちょっとした合間に、上を見上げる。227709.png


首がしっかり伸びている事を意識する。

ちょっとあごを突き出す感じ。


これだけでも、首の筋肉が伸びていることが実感できると思います。


余裕があれば、そのまま口を開け閉めする。


職場などの場合は、
上向いて、口を開けたり閉めたりは、
周りの人が引いてしまいます…
人目のつかないところでさりげなくやって下さい

ただ首が伸びている事を意識し、上をむくだけでも
シワ予防になります。


顔はキレイなのに、
デコルテ部分がたるんでいると残念です


今日から、首・胸元のケアを始めてはいかがでしょう!

綺麗なデコルテは、顔の印象、
装いの全体の印象がとても良くなります。


次の記事>>『あごのたるみスキンケア』

前の記事>>『デコルテ胸元スキンケア』


本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました

ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします



スポンサーサイト

カテゴリ:デコルテ   コメント:2

40代、50代さらに美しく!<デコルテ 胸元スキンケア>

今回は、デコルテの胸元部分に注目します。


名称未設定


服を着た時、
首・胸元に「たるみ」や「くすみ」を感じたことはありませんか?


美しく年を重ねるためにも、しっかりデコルテケアをしていくことが大切です。


多くの人は、顔よりも「首」で、
その人年齢を判断すると言われています。


案外デコルテ部分は、人に見られているものなのです。


ハリのあるデコルテラインに整える。
お顔のケアに、ひと手間加えてみてはいかがでしょう。


首・胸元は、顔の皮膚の半分から2/3の薄さであり、
顔同様、丁寧なお手入れが必要です。



<胸元の特徴>
胸元は、
とても重い頭を支えているため、
筋肉が疲労しやすく、血行が悪くなる場所です。
むくみや、くすみが表れやすい場所です。


首や肩が凝ると、
血行やリンパの流れも悪くなり老廃物もたまり、
ハリもなくなり、たるみやシワになります。

また、首と同じように顔より皮膚と角質層も薄いため、
紫外線を受けやすく、
衣類や髪が触れる事も多く、
摩擦が起き、乾燥しやすくなっています。

冬は、マフラーやタートルネックなどで、繊維の刺激も
受け弱っています。


胸元ケアは、首に続いて顔のケアと一緒に毎日のケアが理想です


デコルテの胸元ケアは、ボディ用でもいいのですが、
お好みの洋服で、露出する胸元の部分だけでも、
顔のケアと一緒に行った方が、簡単だと思います。




【お手入れ方法】
お風呂で、ゴシゴシ洗いはダメですNG
肌を痛めてしまいます。

洗顔編でお伝えしました、
たっぷりの泡で優しく洗います。

顔のケア同様、化粧水・乳液・日中は日焼け止めをつける事が理想です。


首、胸元のケアも、顔同様 優しくお願いします。



ハリがよくなればシワ予防になります。


春からの装いは、デコルテ部分が出ます。

40代、50代の方は、
顔と同じように毎日のケアが理想です。


顔はキレイなのに、
デコルテ部分がたるんでいると残念です


今日から、首・胸元のケアを始めてはいかがでしょう!


綺麗なデコルテは、顔の印象、
装いの全体の印象がとても良くなります。


次の記事>>『首の筋肉を鍛えましょう』

前の記事>>『首の横ジワ スキンケア』

本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました


ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします


カテゴリ:デコルテ   コメント:0

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ヒロと申します。

女性服のデザイナーを長年やっておりました。
女性のファッションは大変奥深いもの。
可愛らしさ、美しさを最大限引き出す為、体の特徴を知る人間工学をはじめ、着心地の良さ、扱いやすさ等を追求、そして主役となる女性の美容についても深く知る事となりました。

女性の「美の表現」を知り尽くした元デザイナーが、
日常生活の、お役立ち情報をお伝え出来たらと思っています。

  どうぞよろしく
    お願いします。

ランキングに参加しています
よろしくお願いします。 応援ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ページの先頭へ

http://www.i2i.jp/アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。