FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

紫外線対策

40代、50代さらに美しく! <紫外線対策の重要性>
フェイス8

紫外線対策の重要性

紫外線の影響は、日焼けだけではありません!
シワ、たるみなどにも大きく影響されます。

過去記事の中にも『たるみ』 『ほうれい線』 『目元のシワ』 『頭皮』など
顔肌や頭皮のダメージに、
紫外線による影響があるという事をお話しています。

紫外線対策は、「美肌」「美髪」を保つために
とても大切な事です!

【紫外線とは】
太陽からの日射は、波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分けられます。
可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。
波長の長さによって、UV-A(A紫外線)、UV-B(B紫外線)、
UV-C(C紫外線)に分かれています。

紫外線は日やけやシミの原因となるだけでなく、
肌の老化を加速させる事があります!

446297.png
<UV-A>
長波長紫外線と呼ばれる波長の長い紫外線です。
波長が長いため肌の内部まで到達し、
日常生活の中で長く浴び続けることで肌を黒くし、
シワ・たるみの原因になると言われています。
<UV-B>
中波長紫外線と呼ばれる波長がやや長めの紫外線です。
波長がUV-Aほど長くないため、
屋外での日焼けの主の原因です。
多く浴びると、赤く炎症が起きたり、
シミやそばかす、乾燥の原因にもなります。


化粧品の中に見かける「SPF」と「PA」の数値について
「SPF」は、UV-Bを防ぐ効果を表す数値です。
シミやソバカス・皮膚ガンなどの原因となる紫外線 B 波( UVB )の
防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。

SPFは、時間で20~25分を1単位としています。
SPF1は、日焼け対策をしていない状態より
20~25分日焼けを遅らせるという意味になります。
外出時間や場所、用途によってSPFを使い分けます。

「PA」は、UV-Aを防ぐ効果を表すもの。
皮膚が黒くなる事を防ぐ強さと、
シワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果などを表すものです。

効果の強い方から「++++」「+++」「++」「+」と、
4段階に分かれています。用途に合わせて選びます。

紫外線を浴び始めて日焼けする時間には個人差があります。
ご自分に合ったものを、是非見つけて下さい。

・曇りの日でも紫外線は忘れずに!
紫外線はUV-A、UV-Bに関わらず年中降り注いでいます。

・日傘や帽子も有効的ですが、
それだけでは紫外線対策にはなりません!

紫外線も光のように反射し、
私たちは地面や横から紫外線を浴びています。
毎日のスキンケアに、紫外線対策を取り入れる事が大切です!

SPFの数値だけでなく、
PAの「+」もチェックして、
シワやたるみの原因となるUV-Aを防止する事も大切です!

紫外線は年中いつでもどこでも降り注いでいます。
年間通して朝のスキンケアに紫外線対策を取り入れましょう

紫外線や赤外線による肌へのダメージを防ぎます。
朝の日焼け止め SPF30 PA+++  
首や手の甲にも使用出来ます。 



いつまでも「美肌」「美髪」でいられるよう心がけましょう

前の記事>>『目元のシワ』
本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ


スポンサーサイト

カテゴリ:美容  コメント:0

目元のシワ

40代、50代更に美しく! 目元のシワ
目


目元のシワ(目尻のシワ・目の下のシワ)

人の見た目年齢に大きな差を生むのは、
顔のシワも大きな要因となっています。

目元のシワは、年齢を重ねるとでてくるもの。

しかし実際に年齢に関係なく、
「誤ったスキンケア」
「紫外線対策が不十分である」
という無駄に刻まれているケースもあります。

目の周りの皮膚は薄くデリケートな部分です!

顔の表皮は、0.1~0.3mm
目の周りは、0.02mm

これだけの薄さです。
乾燥にも弱く、
ちょっとこすっただけでもシワになってしまいます。

花粉症の方、かゆくてもこすらないでくださいね。


【目元のシワの原因】
・乾燥
目の周りは皮脂が少ない。
顔がベタついても、目の周りがベタつく事はありません。

皮脂腺が少ないのです。

皮脂と汗が混ざると天然の保湿クリーム「皮脂膜」が出来、
肌を保護してくれますが、
目の周りはそれが出来ないため、乾燥しやすくなります。

・目の疲れ
目を酷使 血行不良

パソコンでのデスクワーク、長時間のスマートフォン等
見づらいと脳は一生懸命ピントを合わせようと、
自分で思うより目の周りに力が入っています。
肩こりと同じ状態になります。

・メイクによる原因
マスカラやアイライナーを、ちゃんと落とす事が出来ず、
皮膚に負担をかけてしまっていること。
また、メイク落としの時必要以上に力を入れて行っていたり、
目元専用のリムーバーを使用していない事。
顔と同じクレンジングでは、目元には負担がかかってしまいます。


【対策】
・乾燥させない事
夜だけでも、目元専用のクリームを使用する。

・メイク落としには、アイメイク専用のリムーバーで!
目の周りの皮膚は弱いです。優しい力で十分に落とせます!
メイクの落とし残しが無い事を心がけて下さい。

・目を休める
パソコンやスマートフォンなど、長時間続く場合は、
時々、休息し目を休めましょう。

・紫外線対策もしっかりと!


目元の皮膚は薄く、とてもデリケートな部分です。
そして、目元にハリがあると、さらにキレイな印象になります
しっかりと、優しくケアする事をおススメします!

前の記事>>『ほうれい線』

↓このアイクリームは、おススメです
目の周りのキメが整い、ハリのある目元に導いてくれます。
肌のなじみも良く、キレイに輝く目元になります


本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ

カテゴリ:美容  コメント:0

40代 たるみ

40代、50代さらに美しく! 顔のたるみフェイス

<顔のたるみ>
40代になると、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなり、
長い間浴び続けてきた紫外線の影響や肌機能の衰えも出始めてきます。

シミ、シワ、たるみがこれまで以上に目につくようになる方も多いのではないでしょうか。

顔やあご周りのたるみは目立ち、案外人に見られているものです。


【顔のたるみの原因】
・加齢
真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の減少

・紫外線
紫外線は、コラーゲンや、ヒアルロン酸などの生産量が減ってしまうだけでなく、
これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われる事になります。564568.png
・乾燥
肌の表面が乾燥すると、真皮層の水分を十分に保てなくなります。

・表情筋・深層筋の衰え
表情筋が衰えるとその上にある脂肪や皮膚を支えられなくなります。
肌の弾力が低下すると、顔のたるみにつながります。

・姿勢の悪さ「猫背」
背中が丸くなりあごの突き出た姿勢は、体の歪みだけでなく、
顔 特に頬に下方向への力を加え続ける為「たるみ」を加速させる原因になります。



【予防法】
・紫外線対策をしっかり行う
・バランスの良い食事
free-illust30141.png

・睡眠はしっかりと!
肌がテーマの記事には、必ず「睡眠」というキーワードがついてきます!

なぜなら、肌にとって睡眠は重要だからです!
寝ている間に、肌は生まれ変わるのです。

肌は、眠ってる間に「ターンオーバー」が起こっています。
肌の奥で生まれた細胞は、少しずつ上に押し上げられ、
約4週間かけて一番上にたどりつきます。
役目が終わったら剥がれ落ちます。
これがターンオーバーです。631721.png

その重要な働きをするのが、「成長ホルモン」です。
この「成長ホルモン」は主に寝ている間に分泌されます。

この成長ホルモンが脳から分泌されることで、
「ターンオーバー スタート」となるのです。


睡眠不足が続いたりすると、お肌の調子が悪くなるのは、
ホルモンバランスの崩れが主な原因です。
肌も乾燥し、ハリも失われ、
ターンオーバーまで遅れ、シミ、シワにもつながります。

理想的な睡眠の時間帯
肌のゴールデンタイムは、22時から2時「天然の美容液」とも呼ばれ、
成長ホルモンによる肌の新陳代謝が最も活発に行われる時間が、
この4時間と考えられてきました。

この時間が難しい方も多いでしょう。
現在は、成長ホルモンは眠り始めて約3時間ほどまでの
深い眠り(ノンレム睡眠)の時にたくさん作られる事も知られてきました。

寝始めてから3時間は熟睡できるような生活パターンが出来るといいですね。

最低でも睡眠は3時間以上を心がけましょう!


・顔の表情筋を鍛える『あごまわりの鍛え方』<<前の記事

・キレイな姿勢を保つ
「猫背」パソコンによるデスクワークなど、
腰の力を抜き楽な姿勢を取っていませんか?
猫背の改善法
腰の部分にタオルやクッションを挟むと正しい姿勢が取りやすくなります。

生活習慣を少し見直すだけでも、美肌になります

前の記事>>『美容液・乳液・クリーム』


本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ


カテゴリ:美容  コメント:2

40代、50代さらに美しく!<あごまわりの鍛え方>

あごのたるみスキンケア


あごのたるみについては、前回の記事でも触れさせていただきました。

顔やあご周りのたるみは目立ち、
案外人に見られているもの。

たるみの原因は、
咀嚼の回数が少ない事、柔らかい食事が多い事。
そして、姿勢の悪さ。猫背。
現代の生活習慣に取り上げられる、
ずっと下向きでいるパソコン、スマートフォン、デスクワークなどです。  

首や肩の凝りを放置すると、リンパの流れが滞り、顔もむくみやすくなります。
またパソコンやスマートフォンの長時間の下向き作業、
その際大抵の方は、無表情でいるものです。
無表情の時間が長くなる事で、表情筋が衰えてしまいます。

無表情で筋肉を動かさない時間が長いと、
表情筋の老化が早まり、皮膚が下垂します。

また、皮下脂肪が増えると、その重みでさらに下垂し、
年齢を重ねるごとに、あごのたるみが目立つようになります。


あごのたるみが解消されると、5歳の若返りが期待出来ます!

そしてキレイな首回りがゲット出来れば
着こなしもおしゃれ度もアップします



この解消は残念ながら簡単ではないのです…


今回は、「あごまわりの鍛え方」を2つを紹介いたします。

①「背筋をピンと伸ばし姿勢よくする」
 あごを引いて美しい姿勢を意識する。


顔は、首から背中まで、リンパ線で繋がっています。
猫背は、お顔にとってもNGです。
正しい姿勢を心がける事も、とても大切な事です!


②「口角をあげて微笑む」
鏡に映った自分を見たら微笑んでみましょう

もう少し出来る方は
綺麗な姿勢で上を向きます。上を向いたまま「あ・い・う・え・お」と口を動かす。
舌を伸ばす(鼻に近づける感覚)もプラスしてみて下さい。227709.png




頬からあごにかけてのラインは、顔の中で最も脂肪が分厚い部分です。
あごは、一度たるんでしまうと、
なかなか落とす事が難しい部位なのです。
こまめに動かす事をおススメします!



あごのたるみは、切実で大きな問題です。
お顔全体がぼんやりしてしまいます...


スッキリとしたフェイスラインは、顔の印象、
装いの全体の印象がとても良くなります

次の記事>>『顔のたるみと頭皮』

前の記事>>『あごのたるみスキンケア』

本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました



ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします



カテゴリ:美容  コメント:0

40代、50代さらに美しく!<首の横ジワ>

今日は、スキンケアを顔だけで終わらせてはいけない事情についてお話します。


普通、化粧水の話題の後は、美容液、乳液などの話題となりますが、
お顔にプラスしてケアしていただきたい部分があるためお伝えします。

それは、「デコルテ」です。名称未設定




美容用語で、『デコルテ』 という言葉がよく使われます。

聞きなれた言葉だと思いますが、

「デコルテ」とは、もともとファッション用語なんですよ。
服飾において、襟を大きく開け、胸や肩、後背部をあらわにするデザインの事なのです。

今は、女性の首から肩、胸元あたりを指す表現として、
広く使われています。



首・胸元は、顔の皮膚の半分から2/3の薄さってご存知ですか?

目元、口元の皮膚が薄いのは、多く知られていますが、
首、胸元の皮膚が薄い事をご存知ない方も多いのではないでしょうか。


顔同様、丁寧なお手入れが必要なんです。





【首の横ジワ】

冬は、
マフラーやタートルネックといった、
首や胸元が隠れていた着こなしも多かったと思います。冬2



冬の間、
首は、マフラー等で隠れていて、
紫外線は浴びにくくなっていましたが、
繊維による摩擦を受け、肌は弱っています。




「首のシワ・首の深い横ジワ」 気になった事ありませんか?顔 24 391757


・年齢を重ねると、首の横ジワは出てきます。

原因は、コラーゲンの減少によって肌の弾力がなくなる事です。



首に出来る小じわは目立たないのですが…
首は、なんとも一気に深いシワとして表れてしまうのです…




「シワ」ですが、
首の肌の特性に加え、
現代の生活パターンも大きく影響しています。


「首のシワ1本あるなし」で、顔や着こなしの印象は変わります…


次の記事で、もう少し首のシワについて触れさせていただきます。




本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました

ランキングに参加しています。
下のタブのクリックをお願いします。
          
どうぞよろしくお願いします。


            
           

         
















                             

カテゴリ:美容  コメント:2

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ヒロと申します。

女性服のデザイナーを長年やっておりました。
女性のファッションは大変奥深いもの。
可愛らしさ、美しさを最大限引き出す為、体の特徴を知る人間工学をはじめ、着心地の良さ、扱いやすさ等を追求、そして主役となる女性の美容についても深く知る事となりました。

女性の「美の表現」を知り尽くした元デザイナーが、
日常生活の、お役立ち情報をお伝え出来たらと思っています。

  どうぞよろしく
    お願いします。

ランキングに参加しています
よろしくお願いします。 応援ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ページの先頭へ

http://www.i2i.jp/アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。