FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

キレイな肘へ

40代、50代さらに美しく! 美しい肘
腕


肘の状態は、自分ではなかなか気付きにくい場所ですが、
人目に付きやすく 年齢が表れる場所です。

またお顔はキレイなのに、肘が黒ずんでたるんでいると
とても残念です・・・

ココが潤っていると、
着こなしの印象もガラッと変わります!

<肘のシワの原因>
摩擦刺激乾燥
また、肘の深いシワは二の腕のたるみが原因であると言われています。

膝同様皮脂腺が少なく、乾燥しやすい場所です。
黒ずんでいた場合皮膚が固くなっている場合もあります。

曲げ伸ばしの動作をくり返す肘にシワができやすいのは仕方のないことです。


<予防法>
・二の腕の筋肉を鍛えましょう
肘の深いシワは二の腕のたるみが原因。
加齢や運動不足などによって二の腕の筋肉が衰えると、
皮膚がたるんできます。
「首のシワ」「ほうれい線」などのシワ予防に、
周りの筋肉を鍛える事も大切であるとお話をしました。

肘のシワの改善には、
二の腕の筋肉を鍛える事が大切です。

・古い角質を落とす

・洗いすぎに注意しましょう
体を洗う際には必要な皮脂を取りすぎないように、優しく洗いましょう。

・乾燥を防ぎましょう
保湿ケアでシワを目立たなくさせましょう。
皮膚が乾燥するとハリが失われて、シワが目立ってしまいます。
肘には、ほかの部位に比べてそのような組織が少ないため、
シワができやすくなっています。

入浴後には、ボディクリームなどで保湿ケアをし、乾燥を防ぎしましょう。
また、入浴直後は肌表面に付いた水分が蒸発し、乾燥しやすい状態になっています。
顔のケアと同様、入浴後、すぐに保湿ケアをしましょう。
でも、顔のケアが優先です
(前の記事「化粧水をつけるタイミング」)

・顔のケアと一緒に行う習慣もいいでしょう
ボディクリームを塗る時間がなければ、
コットンで顔に化粧水をつけた後、コットンに化粧水が少し残っていると思います。
そのコットンで顔→毛の甲→肘→膝→足の甲・くるぶしをサッと拭く。
次に、乳液も同じ事を繰り返します。

最低限、顔→手の甲→肘までの一連の流れを
毎日のケアの習慣にするだけでも、
肘のシワは改善されます。


顔、デコルテ、手、肘、膝、足の甲
ポイントをおさえ、少し意識するだけで、
年齢を重ねた40代、50代がさらに美しくなります!

ほんの少しの心がけで、
春の装いをさらに美しく表限する事が出来ます。

40代、50代、美しさに磨きをかける日常の「心がけ」は、
少しの幸せ、喜び、美しさにつながっていきます


前の記事>>『キレイな足の甲へ』

本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ


スポンサーサイト

カテゴリ:ボディケア  コメント:0

足の甲

40代、50代さらに美しく! 春は脚もキレイに!
ボトム

前の記事『キレイな膝へ』では、
春先はタイツからストッキングへ変わり、
キレイな膝で、さらに着こなしをアップさせましょう!
との記事でした。

自分はパンツ派だから、「膝」は関係ないと油断していてはいけません・・・

足の甲は、潤っていますか?
くるぶしは、キレイですか?


美脚を演出してくれるレギンスパンツは、
今のファッションにはかかせないアイテムです!

ロング丈や、クロプト丈
足の甲が、着こなしの決め手ともいえるのではないでしょうか!

足の甲がキレイだと、ワンランク上のスタイルになります


足の甲は、膝と同じように年齢を重ねると黒ずんできます。
「摩擦」や「乾燥」の影響で、黒ずみが増す事もあります。

摩擦
足の甲は、靴を履いたときに締めつけられたり、履き口が触れる部分です。
それにより色素沈着を起こしてしまったり、
角質が厚くなりやすく、黒ずんでしまいます。

また、年齢と共に肌のターンオーバーが乱れたり、
刺激を受けた肌はターンオーバーが正常に機能しなくなったり、
古い角質が肌に残り、角質が厚くなり、硬くなり、黒ずんでくる場合もあります。

普段から正座をよくする習慣がある人も、足の甲の黒ずみを作っています。
正座により、床と擦れてしまい、黒ずみになります。

紫外線
足の甲は、日焼けしやすい場所です。

紫外線や日光の照り返しが当たりやすいため、
メラニンの生成が活発になり、黒ずみが濃くなってしまうことがあります。
黒ずんだ肌は、紫外線を浴び続けることで、さらに濃くなってしまいます。


<足の甲をキレイに保つ為に>
・摩擦を避ける

・紫外線対策
紫外線対策は必ず行いましょう。
足の甲は、地面からの照り返しで多くの紫外線を浴びています。
足も顔と同じようにUVカットクリームを塗り、
しっかりと紫外線対策を行いましょう。

・バスタイムにはゆっくりお湯につかりましょう。
古い角質が柔らかくなり、
肌への負担も少なく角質を除去することができます。

・丁寧に優しく洗いましょう
しっかりと洗わないと角質が溜まって肌が厚く硬くなってしまうことがあります。
しかし摩擦にも弱いので、優しく丁寧に洗う事が大切です。

・スクラブも効果的です。
角質を柔らかくしてから行いましょう。
使いすぎは逆効果です。
使用頻度はしっかり守りましょう。

・保湿対策 
肌のターンオーバーを正常に働かせる為、
保湿ケアを重点的に行いましょう。
潤った肌はバリア機能が働き、新陳代謝が活発になり、
新しい肌が再生され、少しずつ黒ずみが解消されていきます。

美しい足で、春からのファッションを楽しみましょう


前の記事>>『膝』
フットケア専用クリーム 


本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ


カテゴリ:フットケア  コメント:0

40代 膝

40代、50代さらに美しく! <春はキレイな脚で!>
脚


冬から春の装いは、色々と変わります。
その中のひとつ、
タイツからストッキングへと変わります。

冬の間は、タイツにブーツなど、
脚のお手入れを少々サボっても、気付かれませんでしたよね・・・冬8
   
春からは、脚を出す事が多くなります。

「ひざ周辺のくすみ、黒ずみ」は大丈夫ですか?
どんなに素敵な洋服や靴を身につけていても
膝が黒ずんでいたら台無しです・・・

ひざが潤っていると、
着こなしの印象もガラッと変わります


<膝が黒ずんでしまう原因>
「摩擦」と「乾燥」
関節は、動かすために皮膚が伸縮するので、
もともと黒っぽく見えやすい部分でもあります。

膝は、皮脂腺が少ないため、乾燥しやすく、
皮脂や汗がほとんど出ません。
潤いが少なく、刺激に対してもとても弱いです。

また、摩擦が原因で膝の角質が厚くなり、
乾燥が悪化し、黒ずんでしまう事もあります。
摩擦には、
・正座
・膝をつく
・足を組む
・お風呂でゴシゴシ洗う
・スキニージーンズなど、素材が硬くぴったりしたボトムを好む
などがあります。

そして、膝は紫外線を浴びたり、刺激を受けると、
メラノサイトが刺激されてメラニン色素をたくさん作り、
色素が沈着して黒ずみになっていきます。


<膝の黒ずみの予防法>
黒ずみの原因となる習慣、
・必要以上に膝をかない
・正座を避ける
・足を組まないように心がける
・強くこすらない
・スキニージーンズなど、素材が硬くぴったりしたボトムはできるだけ避ける
などがありますが・・・

しかし、
スキニーパンツも、今のオシャレにかかせないアイテムですし、
膝をつくお仕事の姿勢など、習慣を変えるのは難しいと思います。


<黒ずみを毎日のケアで改善しましょう>
皮膚が硬くなれば黒ずみも進んでいきます。
・膝の皮膚をやわらかくするために、湯船にゆっくりと入る。
・ゴシゴシ洗わない。
・古い角質を落とす。
スクラブでやさしくマッサージする。
月に1~2回程度がおススメ。

保湿のお手入れをして膝の「乾燥」を防ぐ。
・入浴後は保湿を!化粧水と、クリームなどをつけ保湿する。
・ボディクリームを使用する。


顔に対するお手入れと同じように、
毎日のケアで膝に潤いを与え、膝の乾燥を防ぐことが大事です!



「私は、スカート履かないし、問題ない」と思っていらっしゃるあなた、
明日の記事も見て下さいね

前の記事>>『手のシワ』

ケアが間に合わなかった時は、メッシュタイプのストッキングで、
脚をキレイに見せましょう
  



黒ずみケア


本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ


カテゴリ:未分類  コメント:0

手のシワ

40代、50代さらに美しく! <手のお手入れ>
手


手のシワ
年齢とともに増えてくるシワ
手のシワ気になっていませんか?

手のシワは、年齢が最も現れる部分です。

手はとてもは正直であり、
年齢が隠せないところです。

顔のしわより重要じゃないと思われがちですが、
それは、間違いです・・・

手は、案外人に見られています。
手にシワがあるだけで年齢より老けて見られることもあるのです。

【手のシワの原因】
手のシワの原因は、顔のシワの原因と基本は同じです。

「乾燥」「紫外線」「加齢」が大きな原因です。

顔とは少し構造的な違いはありますが、
手の皮膚も、表皮と真皮があります。
表皮では、ターンオーバーが行われ、また、バリア機能が働いています。

手肌も、加齢や紫外線の影響で、コラーゲンやエラスチンが減少し、
手肌にシミやシワが出来ます。

【対策】
・手にも紫外線対策を!
朝のスキンケアの際、顔への日焼け止めクリームを
一緒に手の甲に塗る。

・UVカット効果のあるハンドクリームを使う
紫外線対策とハンドケアが一度に両方出来ます。

・水仕事の後など、すぐに手をしっかり拭く
手についた水分が蒸発するとき、
もともと肌にある水分も一緒に蒸発してしまう為、
濡れた後は、すぐに優しく拭き取って下さい。

・手肌の乾燥対策
手肌のシワ予防の基本は、ハンドクリームなどによるスキンケアです。

・水仕事は、水かぬるま湯で
高い温度のお湯を使うと、潤いに必要な皮脂まで落としてしまう為、
シワの原因になる乾燥や手荒れをひどくしてしまう恐れがあります。


手肌も身体の一部です。
顔のお肌と同様、バランスのよい生活習慣が手肌の老化やシワの予防につながります。
手の美肌にもバランスのよい食事、十分な睡眠、適度な運動などがよい影響を与えます。


普段のケアといえばどうしても顔が中心になってしまいがちですが、
実は手も同じくらいのケアが必要です。
毎日の顔のスキンケアにプラスしていきたいですね。


シワのない美しい手を目指して、ケアを楽しみましょう

手元ケアも、今や昼夜で使い分けが出来、商品も多様化しています。
シーン別に、使い分けるといいでしょう。
色々探してみるのも楽しいですよ

たっぷりのうるおいを与えてふっくらと柔らかな手元を叶える、ハンドクリーム。
SPF15で、紫外線による手元のシミの出現からも手肌を守ります。
日焼けによるシミ、そばかすを防ぎます。



水仕事に強いハンドクリーム 


濃厚なクリームに、たっぷりの美容液成分が詰まった
夜美容ハンドクリーム
 


前の記事>>『保湿』

本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ


カテゴリ:ハンドケア  コメント:0

保湿

40代、50代さらに美しく! <紫外線対策・保湿の心がけ>
春7


春先の肌には、特に「紫外線」「乾燥」に気を付けて下さい!

春は、トラブルが起きやすい季節です。
前の記事『紫外線対策』や『乾燥』に気を付けてケアをすれば、
春先のトラブルが、ぐんと減ります。

【乾燥の原因】
・湿度が低い
・昼夜の気温差が大きい
・紫外線量の上昇などがあります。

・湿度が低い
春の湿度は低いです。冬よりも湿度が低い地域もあります。

・昼夜の気温差が大きい
日中は暖かいのに夜は寒いという気候の変わり目。
気温差が20度になる地域もあります。

気温の差が激しいと、肌の油分と水分のバランスが崩れやすくなります。
そのため、肌が気温に適応できなくなり、乾燥しやすくなってしまいます。

・紫外線量の上昇
春の強い紫外線は乾燥の原因の一つです。
紫外線は様々な肌トラブルを引き起こす、お肌の敵です。

また、ホコリや花粉などの刺激も影響されます。
急に高くなる気温や強くなってくる紫外線の影響で、
刺激を感じやすい状態になっています。
肌を守るガードの役目である皮脂が減り、バリア機能が低下し、
ますます肌の乾燥が止まらなくなってしまいます。


【対策】
・保湿ケア
乾燥してしまう肌にとって重要なのは保湿です。
肌の保湿とは、肌に適度な水分を維持させることです。

化粧水でしっかり水分を補い、
その後美容液・乳液・クリームなどの油分を補います。
肌の乾燥を防ぐために、
洗顔・入浴後はすぐ化粧水を付けるなど、すぐケアに取りかかる事が大切です。
『化粧水を付けるタイミング』

肌の保湿がしっかりできていれば、乾燥などの肌の悩みだけでなく、
乾燥によるシワも防ぎ、健やかな肌を保つ事が出来ます。

目元や口元など、特に乾燥しやすい部分は、
アイクリームなどのポイントケアアイテムをおススメします。
『目元のケア』

・紫外線対策
乾燥する肌の予防のために、春から紫外線対策をするようにしましょう。

春先からだんだんと紫外線の量も多くなってきますので、
今からしっかりとUVケアを始めることをオススメします。

帽子や日傘などの紫外線対策も取り入れていきましょう。
『紫外線対策』

・睡眠をしっかりと!
睡眠は運動と同じく肌の保湿にとって大切です。
質のよい睡眠をとることで成長ホルモンの分泌を促し、
ターンオーバーも促進されます。
「睡眠はお肌の美容液」とも言われています。
『睡眠の重要性』の記載がある記事)

・バランスのよい食事

・規則正しい生活を!
不規則な生活などにより、代謝が悪くなると皮脂量が減るため、
乾燥しやすくなります。

・ストレスを溜めない
ストレスも乾燥の主な原因の1つとされています。
ストレスを感じると、ホルモンバランスが崩れて肌の水分量が減るため、
乾燥につながってしまいます。


年齢を重ねても肌を美しく保つために保湿はかかせません。
春先は、特に「紫外線対策」「保湿ケア」を意識しましょう

前の記事>>『紫外線対策』


本日の記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました
ランキングに参加しています。
下のタブのクリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 美容ブログへ


カテゴリ:未分類  コメント:0

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ヒロと申します。

女性服のデザイナーを長年やっておりました。
女性のファッションは大変奥深いもの。
可愛らしさ、美しさを最大限引き出す為、体の特徴を知る人間工学をはじめ、着心地の良さ、扱いやすさ等を追求、そして主役となる女性の美容についても深く知る事となりました。

女性の「美の表現」を知り尽くした元デザイナーが、
日常生活の、お役立ち情報をお伝え出来たらと思っています。

  どうぞよろしく
    お願いします。

ランキングに参加しています
よろしくお願いします。 応援ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ページの先頭へ

http://www.i2i.jp/アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。